診療のご案内MEDICAL GUIDANCE

緑内障

緑内障

視野が欠ける

緑内障は、眼圧(目の硬さ)が上がることで、物を見るための神経(視神経)が圧迫により障害されて、徐々に視野が狭くなる疾患です。進行するまで自覚症状がほとんどないため、検診や他疾患の受診などで偶然に見つかるもよくあります。日本人では眼圧が正常範囲内でも緑内障になる正常眼圧緑内障のタイプが多く、眼圧検査だけでなく眼底検査や視野検査によるスクリーニングが重要です。