診療のご案内MEDICAL GUIDANCE

網膜硝子体疾患

網膜硝子体疾患

みえにくい、ものが歪む、視野が欠けるなど

眼球内には硝子体という透明なゼリー状の組織があり、さらにその奥には光を感じる網膜があります。出血や混濁など硝子体の異常がおこると、網膜へ光が届かず視力低下や視野異常を引き起こします。また網膜自体にも膜が張ったり(黄斑前膜)、穴が開いたり(黄斑円孔)、剥がれたり(網膜剥離)、血管が詰まったり(網膜動静脈閉塞症)することがあり、視力低下や失明の原因になります。
当院では、これら網膜硝子体疾患の診断・治療・手術に対応しております。