手術のご案内SURGERY GUIDANCE

網膜硝子体手術

白内障手術

CATARACTS SURGERY

白内障手術って
眼内の水晶体が混濁した状態(白内障)になると、視力が低下したりまぶしくなったりします。手術は白目の縁にごく小さい傷口を作成し(2.2~2.4mmの極小切開創)、濁った水晶体の中身を、超音波吸引装置を用いて細かく砕きながらきれいに吸い取ります。水晶体の外側の袋(水晶体嚢)は温存し、この袋のなかに人工の眼内レンズを挿入・固定し、傷口を閉じて手術終了となります。痛みはほとんどなく、安全性の高い手術であり、通常の症例であれば約10 分程度で手術は完了します。
また当院では難治性白内障や白内障手術関連合併症の手術にも対応しており、水晶体核落下、水晶体・眼内レンズ偏位、術後眼内炎などの手術も行っております。

▌手術に当たっての注意事項

  • ・白内障手術は現在とても完成された安全性の高い手術となっていますが、まれに合併症を生じることがあります。
  • ・合併症としては、水晶体核落下、眼内レンズ偏位、眼内出血、後発白内障、術後眼内炎などがあり、合併症が生じた場合には追加処置や手術が必要になる場合があります。
  • ・術後は目をこすったり、強く押さえたりしないようにして、日中は保護メガネを着用して下さい。
  • ・入浴・洗顔などについては術後数日のあいだ控えて下さい。