手術のご案内SURGERY GUIDANCE

網膜硝子体手術

網膜硝子体手術

VITREOUS SURGERY

網膜硝子体手術って
網膜硝子体手術は眼内のゼリー状の組織である硝子体や網膜の一部を切除することで、病気の回復や視力改善を目指す手術です。対応疾患は網膜剥離、黄斑円孔、黄斑前膜(網膜上膜)、(増殖性)糖尿病網膜症、網膜静脈分枝閉塞症、硝子体出血、硝子体混濁、水晶体・眼内レンズ落下など多岐に渡ります。大変繊細で高度な技術を要しますが、近年手術機器の進歩により非常に小さな傷口(25G~27G)から手術ができるようになり、患者様への負担が少ない日帰り手術が可能となっています。
網膜硝子体手術はどのような方法でおこなうの?
眼球にごく小さな穴を3ヶ所開け、高解像度の顕微鏡を用いて眼内を観察しながら硝子体を丁寧に切除していきます。症例により、網膜表面の膜剥離やレーザー光凝固、眼内ガス注入、強膜バックリングなどの処置を併用します。
疾患の状態によって術式や追加処置は細かく変更するため、術前に詳しく説明致します。

麻酔は通常局所麻酔で行い、手術中に痛みは伴うことはあまりありませんが、術中に眼球を圧迫する際に痛みを感じる場合があります。もし痛みを感じる場合には、遠慮なく執刀医やスタッフにお伝え下さい。

▌手術に当たっての注意事項

  • ・全身的合併症や認知症がある方の場合は、局所麻酔での手術が難しいため、全身麻酔や全身管理の対応可能な医療施設にご紹介する場合がございます。
  • ・バイアスピリンやワーファリンなどの血液が固まりにくくなるお薬を飲んでいる方はスタッフにお伝え下さい。かかりつけの先生と相談の上、術前に中止するかどうか検討致します。
  • ・網膜硝子体手術は白内障手術などにくらべ、比較的合併症が出やすいため、術後のしっかりとした安静や定期受診が必要です。
  • ・主な合併症としては、眼内出血、網膜剥離・裂孔、高眼圧、術後感染症、低眼圧、高眼圧などがあります。
  • ・合併症が生じた場合には、追加処置や手術が必要になることがあります。
  • ・硝子体手術後は白内障が進行することが多いため、50歳以上の方は基本的に白内障手術の併用をお勧め致します。
  • ・硝子体術後はなるべく自宅で安静を保ち、外出・運動等は控えて下さい。
  • ・手術内容により(ガス注入後など)、術後しばらくうつ伏せなどの体位制限が必要になります。